定期車検と同じ重要性

買い物

オーバーホールとは、定期的に時計を分解して、メンテナンスを行うことで、車でいえば車検という事になります。時計のオーバーホールは、車検とは異なり、特に義務付けられているものではありませんが、機械式時計は、多数の部品が常に摩擦して動いている為、摩耗したパーツ、オイルやゴムパッキンの交換が必要です。少なくとも3〜4年ごとには、オーバーホールを行うべきです。こういった定期的なメンテナンスを怠れば、故障の原因にもなり、修理にそれ以上の費用がかかることも稀ではありません。このオーバーホールの必要性については、あまり認知されていないので、購入の際には、販売元がしっかりとメンテナンスの必要性を説明したり、アフターサービスとして、こういった定期的なオーバーホール実施パックのようなものを提案していく事も重要です。

ロレックスのオーバーホールについては、大きく3種類の依頼先があります。一つは、メーカーであるロレックスです。二つ目は、ロレックスの購入店で、そして三つ目が、修理専門業者です。大きくこの3種類にオーバーホールを依頼するこになりますが、費用面では、大きな差異が生じます。当然、メーカー修理が一番高くなるケースが多く、時間もかかります。そのかわり、信頼してオーバーホールをまかせる事ができます。最近では、ネットでの情報発信、収集が浸透した結果、修理業者のオーバーホール業務の宣伝活動がさかんに行われています。当然、費用も安く、対応もスピーディであり、利用者も増加しています。今後は、そういった業者も費用面の訴求だけでなく、ロレックスの修理認定を受けるなどの付加価値化がすすんでいくと考えられます。